意外とやってしまいがちなガサガサ肌にしてしまっている事

意外とやってしまいがちなガサガサ肌にしてしまっている事

毎日しっかりとスキンケアをしているのにお肌はガサガサ、、だという状態になっていませんか?ちょっとした事なのですが毎日のスキンケアの習慣の中でやってはいけない事があるのです。まず気温が高くなってきたからと言って、化粧水だけをつけてスキンケアを終わりにする事。化粧水だけをつけてその後に乳液やクリームでお肌にフタをしないのは余計にお肌を乾燥に導いてしまいます。せっかく化粧水でお肌に水分を入れたのなら必ず油分でその水分にフタをしましょう。夏でお肌がベタベタするからと気になるようなら、さっぱりタイプのクリームがお勧めです。そしてメイクを落とす時にメイクが落ちやすいようにとシャワーと同じくらいの温度のお湯での洗顔をしていませんか?これはお肌にとっては大変負担になってしまっています。お肌には天然の油分の皮脂があります。これはお肌を保護してくれているものでお肌の潤いを保つためにとても大事なものです。この皮脂は40度以上になると溶けやすくなってしまうのでシャワーの温度のお湯で顔を洗ってしまうとこの皮脂がお湯と一緒に流れてしまうのです。こうなるとお肌の潤いを保てなくなってしまいます。こうならない為にも体温に近いくらいの温度のぬるま湯でお顔を洗うようにしましょう。そして同じ落としすぎで気を付けなければならない事がピーリングのやりすぎです。ピーリングなどのスペシャルケアは必ず週に一回程度にとどめる事が大事です。やりすぎると逆効果を招いてしまいます。細かい事に気を付けながらケアをしていきましょう。綺麗になりたいからとあれこれスキンケアを頑張りすぎると、かえって逆効果になってしまう恐れがあります。お肌の為にやってはいけないスキンケアを考えてみました。まず、お肌の悩みが多すぎるからと言って美容液の重ね付けはよくありません。肌を甘やかしてしまい、肌が持つ本来の機能(例えば保湿機能やバリア機能など)を衰えさせてしまう可能性があります。肌の悩みが多い場合は朝と夜で使う美容液を変えるなどして美容液を複数使う事はやめましょう。毎日シートマスクを使う事もお肌は水分を与えられるのが当たり前だと勘違いしてしまいます。自分のお肌の状態を見ながら使うようにしましょう。乾燥が気になる時にやりがちな事は油分多めのスキンケアをしてしまう事です。オイルや油分の多いクリームをお肌にたっぷりとのせてしまうと油分量は十分だとお肌が勘違いをしてしまい、お肌は自ら油分を出さなくなってしまいます。ですからオイルを使用したらクリームは控えるなど油分過多にならないように気を付けましょう。油分過多はニキビの原因になってしまったりもしますので注意が必要です。そして肌の悩みがあるからといって、スキンケアの量を多めにつける事もよくありません。吹き出物などのトラブルに繋がってしまう可能性があります。化粧水ならコットンパックなどの理由で多めにつける事は大丈夫ですが、他のスキンケアはしっかりと使う容量を守る事も大事です。肌本来のもつ力を使いながらあまりやりすぎないスキンケアをしたいですね。マツエク 三宿 まつげエクステ トリートメント カラーエクステ 人気 口コミ