辞めたアシスタントのその後

辞めたアシスタントのその後

美容室での人間関係に悩んで「辞める」という選択をする人が多いかもしれませんが、そんな中で「辞めた人のその後」を見てみると、そこではやはり「アシスタントで辞める」のか「スタイリストで辞める」のか、で大きな差が出てきます。スタイリストとして認められてから辞める場合には比較的その後の就職活動もスムーズです。美容師と言う仕事は意外と中途採用も多い職業です。即戦力を求める美容室も多いですからスタイリストであれば、次の就職先がすぐに見つかる可能性も高いものです。ですがアシスタントではそうはいきません。多くの美容室ではアシスタントを育てる時には、自分の美容室にとって都合の良い様に教育している場合が多いものです。掃除の仕方、シャンプーの仕方、マッサージの仕方、など他のお店では通用しないやり方を教えられている事も多いものでしょう。ですからたとえアシスタントとして他の美容室へ就職する事が出来たとしても、一から教育され直す可能性も高いです。そうやって教育し直すぐらいなら、最初からまっさらな状態の新人を雇って教育した方が良い、と考える美容室も多い事でしょう。ですからアシスタントとして再就職するのは再就職後もまた色々な事に悩まされる可能性が多く結局また辞めてしまう人も多いと言われています。美容師として一人前に働きたい、お客さんの喜ぶ顔が見たい、というのは初めのうちに誰もが描いた目標であると思われます。ですがそれでもその目標を見失うほどに人間関係が辛い、という時には、まずは自分が美容師として働きたい、という気持ち、美容師と言う職業が好きである、という気持ちをもう一度見つめ直してみる事も必要かもしれません。耐えられないほどつらい、とは言っても、良く言われる「好きならば、夢の為なら、どんな事でも耐えられる」と言う事も言えなくは有りません。実際にその美容室の先輩方はそういう環境にも負けないで一人前になっている訳で、そこは耐えられない自分が悪いのではなく、そもそも向いていない、とか、そこまでの情熱が無かった、という可能性もあるんですね。美容師と言う職業はハサミを持つ技術だけではなく、様々な要素が必要とされてきています。ですから本当に軽い気持ちでなりたい、と思っているだけでは務まらない事も多々あります。スタイリスト、トップスタイリスト、として成功していく人は、それは成るべくして成っている人たちなのだ、という割り切りも時には必要かもしれません。美容師免許を持っていて働ける場所は美容室だけではありません。企業でも美容関係の他のお店でも役に立つことはあります。環境を変えてみる事もひとつの方法、と考えるのも良いかもしれません。城南の美容院