作っているプロセスをよく見る

作っているプロセスをよく見る

美容師に行ってなりたいスタイルをオーダーしたら、あとは全て美容師さん任せで作業の様子には興味がない、と言う人も多いかもしれません。確かに素人が見ていたところで解らない事も多いかもしれませんが、美容師の方たちの立場になってみると、自分たちの仕事に無関心なお客さんと興味を持ってくれるお客さんとでは、どちらがやりやすいでしょうか。おそらく興味を持ってくれるお客さんの方がやりやすいと思いますし、やりがいもあると思うのです。そういった点で美容師に気持ち良く仕事をしてもらうためには、少しぐらいはヘアスタイルが作られていく工程に興味を示す事もよいのではないか、と思うのです。そうやってどのように作られているのか、今何をしているのか、と言う事に興味を持って眺めている間に、「あれ?こんなにカットして大丈夫なのかな?」と思う瞬間も有るかもしれません。そんな時には遠慮しないでその場で「そんなに短くするのですか?」と聞いてみるとよいと思います。そこで美容師の想いと、お客さんの希望とのズレを発見する事も出来るかもしれないからです。美容師に意見するなんて…と思っている人も多いかもしれませんが、そういったちいさなズレを修正していく事で、より希望通りのヘアスタイルに仕上がりますし、お客さんが希望した通りのヘアスタイルを作るためには美容師にとっても必要な指摘になると思うのです。

 

してほしくない事を伝える

 

私達は美容室でオーダーする時に、なりたいスタイル、やってほしい事、と伝える事に必死になる物ですが、逆に「してほしくない事」をきちんと伝えるのもとても大切だと言われています。究極な話、「ヘアスタイル自体はそんなに特別気に入ったスタイルではないけれども、特に問題はないのでこれでいいや」と思う事はできたとしても、「ヘアスタイルは確かにオーダーした通りだけれども、眉毛だけは出して欲しくなかった!」という事になると、もはやその気に入っていたはずのヘアスタイルも全く満足できなくなってしまいます。その人にとって、どんなヘアスタイルであろうとも眉毛を出さない事が絶対条件だったんですね。ですがそれを美容師に伝えていなかったためにこういう残念な結果になってしまう可能性もあります。大抵の場合前髪の長さというのは美容師の方から前髪をカットする時点で確認があるはずですが、たとえば美容師の中で「このヘアスタイルならば前髪はこの程度」という常識の様なものがあるとしたら、ヘアスタイルが決まった時点で美容師の中では前髪の長さまでイメージできてしまっている事もあるのではないでしょうか。ですから部分的に「これだけは嫌」というものがあるのであれば、それはあらかじめ美容師に伝えておいた方が良いですね。

 

Pickup site

 

武蔵浦和でスタイリストが独立

スタイリスト 武蔵浦和 独立 求人

柏駅で高給与の美容師求人

美容師 求人 採用 高給与 柏駅

表参道駅で美容師の仕事(アルバイト)

美容師 求人 仕事 アルバイト 表参道駅