トリートメントは効果があるのか

トリートメントは効果があるのか

トリートメントやコンディショナーと聞くと付けると髪の毛に良い、という印象が強いと思います。どんなふうに効果があるか、というとおそらく髪の毛の傷みを修復してくれる、というイメージなのだと思います。確かにそういう効果があると言われていますが、実際には髪の毛自体を修復するのではなく、表面をコーティングして髪の毛の手触りを良くする、という効果の方が大きいのです。髪の毛が傷んでいるから、といってトリートメンとやコンディショナーを多めにつけた方が良い、と思っている人もいるかもしれませんが、過度にコーティングされた髪の毛はただ重たくなるばかりで、髪の毛がペタンとなって見える仕上がりになってしまいます。ですから市販品のトリートメントやコンディショナーはきちんと洗い落としておいたぐらいがちょうど良い、というアドバイスをする美容師もいるようです。そして気を付けなくてはいけないのは、それだけコーティングする力の強いトリートメントやコンディショナーが頭皮についてしまうのは良くないのです。ですからしっかりと洗い流すのは髪の毛だけではなく頭皮をしっかりと洗っておいた方が良いそうです。確かにトリートメントは修復効果もあるのかもしれませんが、肝心なのは髪の毛自体を健康にする事です。美容室でのシャンプーを経験していると、物凄く時間をかけてシャンプーをしてもらっているような気持になりますよね。確かに美容師の皆さんはとても丁寧にシャンプーをしてくれるので、自分で自宅でシャンプーをする時よりも時間をかけているものです。そして美容室と同じように時間をかけてシャンプーをする事が髪の毛の為に良い、と思う人も多いと思います。ところがただやみくもにシャンプーを付けて長時間髪の毛を洗えばよい、というわけではないんですね。ホームケアの場合シャンプーのし過ぎというのは髪の毛にかなり負担を与えてしまいます。それは市販のシャンプー剤はかなり洗浄力が高いので必要な油分までも落としてしまう結果となってしまうからです。それよりも大切なのはまずはシャンプー剤を付ける前にお湯で汚れをしっかりと洗い流してしまう事です。お湯の温度はだいたい38度ぐらいが適温と言われてします。それぐらいの温かさのお湯でしっかりと髪の毛の表面や頭皮についている汚れを落とすのです。実際にはシャンプーを付けてからよりもこのお湯での洗い流しに時間をかけた方が良いぐらいなんですね。ここでしっかりと洗い流しておけばシャンプーの量も少なくて済みます。シャンプーの量を減らす事は節約やエコでもありますが何よりも髪の毛に余計な薬剤を付けない、といった面で有効なんですね。スタイリスト 篠崎 ブランク 求人