トラブルを防ぐ

トラブルを防ぐ

お客さんの中にはアレルギー体質の人もいます。またアレルギーとまではいかなくても何かが苦手だったりする人もいます。そういう事もカルテに書かれていれば、その美容室の誰が担当になっても対処できます。その事はお客さんが喜ぶ、というだけではなく、美容室側のトラブルを未然に防ぐことができる、というメリットがあるんですね。何度も同じお客さんを担当していると、お客さんの方はその美容師が自分の事を一番よく知っている担当美容師である、という自信を持ちます。これぐらい言わなくてもわかってくれているだろう、と思う事もあるでしょう。ですが実際には美容師は一日に何人ものお客さんを担当します。うっかりどのお客さんに対して何に注意をしなくてはいけないか、という事もあやふやになってくる事があっても仕方がないと思われます。ましてや担当していない他のスタッフには頭になかった、というような注意事項もあるかもしれません。お客さんが嫌がる事、そのお客さんにしてはいけない事などは全スタッフできちんと記録にとって共有する事が、そのお客さんを守り、トラブルを防ぐことになるんですね。大きなトラブルはお店の経営を追いこんでしまう可能性もあるかもしれませんから避けたいところですよね。カルテを作っておくことで、そのお客さんを次回の来店につなげる事ができます。たとえば住所を記入してもらっておけばその住所にDMを送ることができますし、お誕生日にはバースデーメッセージを送ることができます。前回の施術が書かれていれば、そのフォローためのメールやはがきを送ることもできます。DMなどはただ印刷されているだけのものなら、手に取って見てみようとは思いません。ですが自分にしか当てはまらないメッセージが書かれていると嬉しいものですよね。もしもカルテによる記録が無ければ、たとえ担当した美容師であっても前回の施術内容を忘れている事も考えられます。担当していないスタッフがDMを書くなら尚更です。カルテで記録を共有する事で、誰でもお客さんのフォローが出来きることになります。施術後の悩みを聞くチャンスでもあります。来店後数日して何か不具合があっても、お客さんの方からわざわざ連絡があることは少ないものです。そのまま「あの美容室はあまり良くなかったな」という印象になって、そのまま縁が遠ざかる可能性もありますが、カルテの内容に基づきフォローの連絡をすると、そこできちんとフォローする事が出来、アフターフォローの行き届いた美容室、という好印象で持って次回の来店にもつながるでしょう。溝ノ口にある美容院