正しい目薬の使い方

正しい目薬の使い方

目薬を愛用している方は多いと思います。何気なく使っていて正しい使い方を考えた事がありますか?目薬は目の充血やかゆみ、疲れ、目の病気などを改善してくれるものです。現代人はパソコンやスマホなどを使っている方が多いので目も疲れやすいですよね。何となく使っている目薬、実は使い方を間違えると効果が薄れてしまうのです。まず清潔に使用する事が一番なので目薬を使用する前に必ず手を洗います。これは細菌が目に入らない為です。女性は特にマスカラやまつエクでまつげが長い方が多いので目薬をさす時にはまつげに目薬が当たらないように気を付けましょう。目薬の先端に何かが当たってしまうと、ほこりや目やになどを目薬が吸い込んでしまう可能性があります。目薬をさした後には必ずぱちぱちと瞬きをしたりしないで、少し目を閉じて目頭より鼻側のあたりを抑えるようにしましょう。この工程をしないと目薬が涙点から鼻涙点にいってしまい、鼻やのどの方に流れてしまうのです。そして目薬をさす時、一滴以上さしていませんか?一回の使用量はほぼ一滴で足りる事が多いです。通常目薬の一滴は50マイクロリッターなのですが、そもそも目には液体を30マイクロリッター程度しか収容できないのです。ですから何滴さしても目から溢れてしまうだけで効果は変わらないのです。そして目薬には必ず使用期限があります。容器に書いてある使用期限を必ず確認しましょう。細かい事ですが、これらを守るだけでも目薬の効果が変わってきます。使用方法を守りながら目薬を使っていきましょう。毎日のシャンプー。ちょっとした事に気を付ける事で、シャンプーの効果を最大限にできるのです。まずシャンプーは髪を洗うというより頭皮を洗うイメージを持ちましょう。シャンプーは頭皮から分泌する皮脂や老廃物を洗い流してくれるのです。頭皮を健康に保つと紙の健康にも大きく繋がります。最初に頭皮をお湯でしっかりと濡らし、汚れを取りましょう。髪を濡らしてすぐにシャンプーをつけるのではなく、頭皮をすすぐように濡らし流す事でシャンプーをつけた時の泡立ちがとてもよくなります。泡立ちがよくなることで頭皮の汚れをしっかり落とす事が出来るのです。頭皮を流している時に指の腹で頭皮をマッサージするのも血行が促進されて良いです。そしてシャンプーをつける時にはいきなり頭皮や髪につけるのではなく、手のひらで軽く泡立ててから頭皮につけていきましょう。シャンプーはお湯で泡立てた時に丁度良い洗浄力になるように作られているので、お湯で泡立てる前の原液の状態をそのままつけてしまうのは頭皮にとって刺激的な事なのです。必ずシャンプー剤は泡立ててからつけるようにしましょう。泡立てネットなどを使うとうまく泡立てられるのでお勧めです。シャワーの温度にも気を配り、ちょっとぬるめと感じる38度から40度が最適な温度です。熱いお湯が頭皮にかかってしまうと頭皮に必要な皮脂までも落としてしまう原因になりフケが出やすくなるなどのトラブルが起きてしまいます。頭皮はごしごし洗うのではなく、マッサージをするイメージで洗うと良いです。正しいシャンプー方法で綺麗な髪を目指しましょう。美容室 行徳 ヘアサロン カット カラー ヘッドスパ 人気 安い