スキンケア各工程の意味とは

スキンケア各工程の意味とは

スキンケアには正しい手順があります。一つ一つの工程には意味がありますので、その意味を理解したうえでスキンケアを行っていくとより効果的なケアができるようになります。一番最初に行うのがクレンジングです。肌についたメイクや一日の生活の中で肌に付着した汚れを洗い流すことができます。メイクは油分を多く含んでるため、通常の石鹸などでは落とすことが難しく、クレンジングで素早く汚れを落としてあげることが大切です。クレンジングの後に洗顔を行います。クレンジングで浮かせた油分を水で洗い流し、肌をきれいにすることができます。クレンジングと洗顔を行うことで肌はすっぴんとなり、その後の様々なケアが効果的に働くようになります。洗顔が終わったら化粧水です。一日の生活の中で失われた水分を補い、肌にうるおいを与えます。美容液の成分が肌に浸透しやすい状態を作ってくれるため、スキンケアの中でも重要な工程となります。化粧水を使ったら美容液の出番です。美容液には様々な成分が含まれていて、乾燥に悩まされている人は保湿用美容液、美白を目指している人は美白用美容液、肌の老化が気になる人はシワやシミ対策のできる美容液など自分の目的にあった美容液を使い分けることができるのが特徴です。肌の状態に合わせていくつかの種類を使い分けていくといいでしょう。美容液を使ったら保湿が必要になります。肌の水分や栄養が肌に浸透しやすくなるためにもクリームや乳液で蓋をしてあげてください。スキンケアの各工程を理解して正しいケアをしていくようにしましょう。スキンケアは美肌を保つためにも必要なことですが、ただスキンケアを行っていれば肌の状態が保てるというわけではありません。肌には様々なタイプがあり、そのタイプに合わせたケアをしないと同じスキンケアでも肌を傷めてしまう可能性があるのです。肌のタイプは大きく分けて乾燥肌、脂性肌、混合肌、普通肌があります。乾燥肌とは肌の水分が失われ乾燥した状態や乾燥しやすい状態の肌です。脂性肌は皮脂の分泌量が多い肌でニキビなどに悩まされやすい肌です。混合肌は部分的に乾燥肌であったり脂性肌であったり肌質が混じっている状態です。普通肌とは乾燥肌でも脂性肌でもなくその中間に位置する肌質です。スキンケアではクレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液といった手順で肌に化粧品を使っていきますが、肌質に合わせて使う量や化粧品の種類を変えていく必要があります。乾燥肌のように皮脂が少なく水分が足りない場合は化粧水や美容液でしっかりとうるおいを与え、保湿クリームを使って皮脂の代わりに肌を守らないといけません。脂性肌のように皮脂が多い肌は保湿クリームや乳液を使いすぎてしまうとかえって肌に負担がかかってしまいトラブルが起きてしまう可能性もあります。普通肌は皮脂量も水分量も理想的な肌といわれていますが、化粧品の使い方を間違えると乾燥肌に傾きやすくなります。このように自分の肌質を理解したうえで正しいスキンケアを行っていくことが肌を守ることにつながるのです。大森の美容室