小顔になりたいなら気を付ける事

小顔になりたいなら気を付ける事

誰だって小顔には憧れますよね。小顔だと美人度もアップします。ですが憧れてはいるものの私には無理だと諦めていませんか?実は普段の習慣の中で気を付けていけば憧れの小顔になれちゃうかもしれません。小顔になりたいならまずは頬杖をやめましょう。頬杖をつくと顔の片側にだけ頭の重さがかかる事になってしまいます。これにより顎の骨や歯が圧迫されてしまい、全体のバランスが乱れてしまいます。顔が歪むと顔の表面積はどんどん大きくなってしまいます、そして脚をくむ姿勢もよくありません。脚をくむと骨盤、背筋、背骨が歪み体の左右のバランスを崩す原因となってしまいます。脚をくんでいる間は常に骨盤や背骨が歪んでいる状態になってしまっているのですぐにやめるようにしましょう。食事をする時にも片側だけでかんでしまっていると顔の左右の筋肉の発達に差ができてしまい顔の歪みの原因になってしまいます。パソコンやスマホのしすぎも小顔になりたい方にはお勧めしません。首がいつも同じ形でいるとそこの筋肉が衰えてしまいます。定期的に首を回すなどのストレッチをして血行を促すようにしましょう。猫背の姿勢も背骨を歪ませてしまっているので、その上の頭部も歪ませてしまいます。定期的に胸をはるようにして猫背にならないように気を付けましょう。体の姿勢が整うと、自然と頭部の位置も整ってきます。小顔になりたいならまず全身の歪みを整える事が大事なのですね。女性ホルモンというのは女性にとってとても欠かせないものです。女性ホルモンは女性らしい容姿にしてくれる作用や妊娠、出産の時にも大事な役割をしてくれています。肌や髪の毛、爪などのハリや潤いを保つのも女性ホルモンの働きです。加齢によってシミやシワが出来てしまうことや肌が乾燥する、メイクのりが悪いという事なども女性ホルモンが減る事で起こってしまうのです。女性の体だけではなく心にも女性ホルモンは大きく影響してきます。女性ホルモンはとてもデリケートな成分なのでちょっとの睡眠不足やストレスなどでも分泌量が変わってきてしまいます。女性ホルモンの分泌は8歳から10歳頃に少しずつ始まり、分泌量のピークは30歳でそれ以降は徐々に減少していってしまいます。女性ホルモンはどうしたら安定させられるのでしょうか。先ほども書いた通り、とてもデリケートな成分なので偏った食事や夜更かしは女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。血液が停滞するのもよくないので、水分不足でも影響してしまいます。喫煙習慣や体の冷えもよくありません。特におなか回りや下半身は冷やさないように気を付けましょう。女性ホルモンのバランスを整える効果がある大豆食品は積極的にとるようにしていくと良いです。大豆食品全般は食物繊維も豊富なので便秘解消や肌荒れにも効果があります。そして黒い食べ物も女性ホルモンを増やすといわれていて、ひじきや黒ゴマ、黒酢やわかめ、海苔も食事に取り入れていくようにしましょう。青魚に含まれる不飽和脂肪酸も効果的ですし、ナッツやココナッツオイルも女性ホルモンのバランスを整えてくれます。毎日を気持ちよく過ごすために、女性ホルモンのバランスを整えるように心がけましょう。美容室 練馬 ヘアサロン パーマ トリートメント 口コミ 人気 オージュア