身体が柔らかくなると起こる良い事

身体が柔らかくなると起こる良い事

身体が柔らかくなると身体に嬉しい事がたくさんあります。まず基礎代謝が上がり、血行がよくなります。基礎代謝が上がると太りにくい身体になりダイエット効果が抜群です。身体が硬い人ほど疲れやすいって知っていましたか?身体が柔らかくなると疲れにくくなるので一日をスッキリ過ごせるのです。身体が柔らかいと怪我もしにくいと言われていますし、身体を動かして柔軟性をつけると心と身体をリラックスさせて緊張をときほぐせます。これは心身の老化予防に効果があるのです。身体を柔らかくする時にチェックしたい場所が身体の後ろ側の柔軟性と前屈をした時の柔軟性、肩甲骨の柔軟性です。身体の後ろ側が硬いと肩こりや腰痛になりやすいです。前屈をした時に身体が硬く感じる方は足の裏やお尻の筋肉が硬くなっています。肩甲骨が硬い方は手の可動域が狭くなっていてこちらも肩こりに密接に関係があります。ストレッチを行う回数は一日3回くらいと決め、仕事の合間や入浴後、寝る前などこまめに身体を伸ばすようにします。ストレッチをする事で気分もスッキリしますので疲れたなと感じた時に行うと、集中力も上がり仕事の効率に対しても良い結果が出せます。他にも首や腕もこまめに回すなどすると血行も良くなりやすいです。自分の身体をこまめに動かして、ストレッチを習慣化する事が大事なのでコツコツと毎日続けていきましょう。気分も身体もリフレッシュできるはずです。毎日しっかりと睡眠をとりたいですよね。実は寝る前に食べてはいけない食品があるのです。ここでは睡眠の質を良くする為に、特に深夜には食べない方がいいものを考えたいと思います。まずトマトです。トマトに含まれるチラミンは脳の働きを活発にする効果があります。過剰摂取をしてしまうと睡眠障害や神経症を起こしてしまう可能性があります。トマトは寝る前に食べるのは控えましょう。チョコレートには睡眠を妨げる強い作用のあるカフェインが含まれています。眠る前に大量のカフェインを摂取してしまうと体が興奮して上手く寝られなくなってしまうのです。チョコレートは見落としがちですが、カフェイン量は多い方なので気を付けましょう。アイスクリームは乳脂肪を多く含む為、消化に時間がかかります。冷たいものは交感神経を刺激してしまうので眠りを妨げてしまいます。アイスクリームにはお砂糖がたくさん入っていますので神経を刺激してしまい寝つきが悪くなってしまう原因になるのです。そしてドライフルーツも寝る前にはよくありません。ドライフルーツには食物繊維が多く含まれているため、こちらも同じく消化に時間がかかります。消化に悪いものを食べてしまうと寝ている間も胃腸は休めません。そうすると安眠の妨げになってしまいます。同時に脂っこい食べ物や冷たい飲み物も安眠の妨げになってしまいますので気を付けましょう。眠る前には常温か温かい飲み物を飲む事をお勧めします。つい夜中には小腹がすきがちですが、こういった点に気を付けながら食べるものを選ぶと良いと思います。美容室 江古田 美容院 パーマ 眉カット ヘッドスパ メンズ 人気