電子カルテの利用

電子カルテの利用

美容室においてカルテを大切に扱う事がお客さんを大切にすることに繋がる、とはいえ髪のカルテだといつかは膨大な量になりますし、管理するのがとても大変であるだけではなく、記入する手間というのもかかります。忙しい業務の最中に記入する文字は、決して他のスタッフが見た時に読みやすい字ではない可能性も大きいですね。そういった事を解消してくれるのが電子カルテですね。最近ではiPadなどで入力できるだけでなく、入力した内容で顧客管理をしてくれるようなサービスも登場しています。これならばまず一番のメリットは場所を取らない、という事でしょう。バックヤードにカルテの入った段ボールが重ねてある、というような事も無くなるでしょう。ネット上に保存しておくクラウド保存と言う方法を使えば、自分のパソコンの容量を気にする事も有りません。ですが気を付けなくてはいけないのはセキュリティーです。内容がお客さんの大切な個人情報である事を考えると、有料であってもセキュリティーがきちんとしているサービスを利用するべきでしょう。もちろん髪のカルテでも紛失の可能性は十分にありました。ですがネット上に預けると言うのは更なる危険性を含んでいます。流出したデータがあっという間に拡散されたり悪用される、という事です。美容室のカルテと言うのは、ただ記録すればよい、というわけではなく、上手くそれを利用すれば集客力もリピート率もアップすると考えられます。ですから記録してしまいこんでいる、というだけではダメですよね。逆にカルテをきちんと扱っていない、という美容室も良くありません。飲み物やカラーのシミがついてしまっていたり、折れたり破れたりしている、というカルテの束を見ると、その美容室のカルテの扱いが良くないという事が一目でわかります。カルテを大切なお客さん一人一人を容姿に置き換えたもの、という位置づけが出来ている美容室では、カルテはよく使い込まれているけれども、汚れたりはしていないでしょう。またファイルの仕方が整っていない、というのも使い勝手が悪くなってしまう。そういう状況になってしまっているのは、せっかく記録してもカルテを活用していない証拠でしょう。使い勝手が悪ければ使う気力も失せてしまう、というものです。きちんと年やお客さんの名前別などにし分けて管理されているだけでも、扱いやすく情報を取り出しやすいものです。そこまでされていればカルテを見てみようか、という気持ちにもなりやすく活用されやすくなります。記録する事が目的ではなく、それを活用する事がカルテの存在意義ですからね。大宮 美容室 カット メンズ