大規模な美容室のアシスタント

大規模な美容室のアシスタント

大規模な美容室は企業体形を取っている所が多く規模を大きくする事、店舗を増やす事を経営目的としている所も多くあります。そうなってくると店長候補となる人材の育成が必要になってきます。ですから小規模や個人経営でやっている美容室に比べるとアシスタントの昇格もかなりシステム化されていると言えるでしょう。オーナーの個人的な見解や都合によってアシスタントの昇格や業務内容が変わる、といった事は無く、全てが会社のマニュアルによって管理されいてる、という感じではないでしょうか。同じようにシャンプーから練習するアシスタントでも、個人経営の場合は都合によってはお店に出て練習したばかりの事もスタイリストの手伝いとして携わることもあるかもしれませんが、大規模な美容室ではシャンプーしかさせない、という指導方法になっていて、一定期間はシャンプーばかり、というような事もあるようです。完全にシステムに乗っ取って指導されるので、人によって差がある、という事が少ないようですが、逆にかなり上手い人でも周囲と同じ様にしか次のプロセスに進めない事もあるようです。色々な事が出来るようになってもかなり分業化されている事が多く、広く浅く、という小規模な美容室での働き方とは違って、一つ一つの事を集中して学ぶスタイル、と言えるかもしれません。同じアシスタントであっても、どんな美容室で働いているか、という事によってスタイリストデビューまでの期間がちがってくるようです。それは「スタイリストをそだてる」という事をどの程度重要視しているか、という事による違いだと思われます。決して若いアシスタントを粗末に扱っている、という事ではありませんが、それぞれの美容室の規模によって経営の考え方も違ってきますから仕方のないことかもしれません。比較的小規模な美容室ではアシスタントはまずシャンプーから覚えていきます。小規模な美容室ではオーナーが常駐している事も多く、そのオーナーのやり方でシャンプーも学んでいくことになります。直接オーナーから指導を受ける事も可能ですし、先輩方の人数も少ないのでそんなに教え方にもぶれがないでしょう。また実際に出来るようになったことからお客さんと接する時間も持てるようになるようです。ですがその反面少ないスタッフの手助けをする、という役割も大きく、自分の練習ばかりしていられない事もあるようです。つまり規模の小さい美容室ではアシスタントの様な雑用をしてくれる人がどうしても必要であることが多いのです。ですから後輩が出来ない限り、いくら色々な課題をクリアして言っても、実際には雑用やシャンプーばかりやっている、という感じになってしまう事も多いようです。美容師 求人 採用 高給与 海老名駅