ダイエットを意識した飲み会

ダイエットを意識した飲み会

飲み会の多い季節、ダイエットをしている人にとっては乗り切るのが大変な季節です。飲み会で気になることは飲食量です。食べ過ぎ、飲みすぎはすぐに体重に変化を与えるためできるだけ量を減らすことがダイエットのポイントになります。しかしその場の流れの中で飲み食いを避けることができない場合もあるかもしれません。飲み会で少しでも体重を増やさないために、どんなことを考えていくといいのでしょうか。一番気になるのがアルコールです。アルコールを避けることができればいいのですが、周りがみんなビールの中で一人だけウーロン茶というのは気が引けるかもしれません。お酒の中には太りやすいものと太りにくいものがあります。ビールは太りやすい代表的なお酒で、逆に太りにくいお酒としては度数の高い焼酎やウイスキーがあります。最初の乾杯でビールは避けられない人でも2杯目からは別のお酒に変えてダイエットに影響の少ないものに変えていくといいでしょう。お酒を飲むときに気を付けないといけないことはお酒のほかに余分な糖質を摂りすぎないことです。甘いカクテルは太りやすくなるためできるだけ避けるようにしてください。つまみで食べるものも甘いものや脂質の多いものは避けるようにしたほうがいいでしょう。こんにゃく、野菜、豆腐といったものがつまみとして太りにくい代表的な食べ物です。お酒を飲むときに組み合わせる食べ物として考えておくといいかもしれません。もしも早めに上がることができるときには無理して付き合わずに帰り、ダイエットを優先した生活を心がけてみてください。ダイエットをする人の中でもお風呂に入るだけでも痩せることができると信じている人は多いようです。ダイエットとは体重を減らすことではなく体に付いている皮下脂肪を減らすことですので、お風呂に入っているだけで脂肪がなくなるということはありません。つまりただ入浴しているだけではダイエット効果を得ることはできないわけです。しかし脂肪を燃焼させる効果はなくても脂肪を付けないようにする入浴方法はあります。それが食前の入浴です。食事の前に40度程度のお風呂に入ることで食欲を減らす効果があるのです。食事をすると胃腸の働きを活発化させるために血液の流れが内臓に集中します。消化吸収にもエネルギーが必要になりますから血液がそのエネルギーを運ぶために内臓に血液が集中するというわけです。食事をする前にお風呂に入っておくとこの内臓に血液の流れが集中するという状態を防ぐことができます。体表面から温まり血液は全身をめぐっていくため内臓へ集中することができなくなるのです。内臓に血液が集中できないということは胃腸の働きを活発にすることができないわけで、自然と食欲が減るわけです。入浴後しばらくしてしまうと食欲は戻ってしまいますが、すぐに食事を済ませれば食欲がない状態で食事をすることができるため食べる量を減らすことができます。夕食は脂肪に変わりやすいといわれているため夕食前にお風呂に入って食欲をコントロールできれば自然と余分な脂肪も付きにくくなりますよ。笹塚の美容院