クレンジングと洗顔の違いと注意点

クレンジングと洗顔の違いと注意点

スキンケアで最初に行うクレンジングと洗顔。顔についた汚れを落とすために行うケアですが、二つの違いが分かりにくいと思っている人もいるのではないでしょうか。クレンジングと洗顔にはどのような違いと意味があるのでしょうか。まず最初に行うのはクレンジングです。クレンジングでは肌についた油性の汚れを落とす目的があります。メイクや脂汚れ、角栓といった汚れが主となります。クレンジングの後に行う洗顔では、クレンジングによって浮き上がった油性の汚れや肌についたほこり、皮脂を落とすことができます。洗顔ではメイクなどのしつこい油汚れを落とすことができませんので、まずはクレンジングで油汚れを落とすようにしないといけないのです。洗顔のやりすぎが肌荒れの原因となっているといわれ、クレンジングのみで汚れを落とす人もいますが肌の汚れを十分に洗い流すことができずその後の化粧水や美容液の効果が半減してしまうということにもなりかねません。クレンジングと洗顔によるダブル洗顔はスキンケアの基本として覚えておくようにしましょう。肌は綺麗に洗いすぎると肌に必要な皮脂なども洗い流してしまい、肌の抵抗力が下がってしまいます。そのためダブル洗顔をするときには洗いすぎに注意しないといけません。適当にやればいいということではなく、時間をかけ、力を込め、洗顔料を大量に使うような洗い方では肌にかかる負担も大きくなってしまいますので注意してみてください。エイジングケアは年齢を重ねていくとその必要性を実感していきますが、実際に始めるとなるといつから始めるといいのかわからなかったり、何をしたらいいのかわからなくて困ることも多いようです。エイジングケアはいつから始めて、何を行っていけばいいのでしょうか。肌の老化が始まるのは実は生まれたときからです。肌の状態が一番いいのは赤ちゃんの時のため、極端なことをいうと生まれたときからエイジングケアは初めてもいいのです。一般的に肌の衰えを感じるのは20代後半から30代にかけてが多いため、そのタイミングでエイジングケアを始めていくといいでしょう。肌の老化は様々なことが原因となっています。紫外線や活性酸素、スキンケア、生活習慣、栄養バランス、睡眠時間、入浴方法などの影響を受けて肌は衰えていきます。一番簡単に行うことができるエイジングケアは紫外線対策ではないでしょうか。紫外線の影響はとても強く、1年を通して降り注ぎ、その影響は蓄積されていき年齢とともに影響が表面化していきます。紫外線対策は日焼け止めを使うことで行うことができるため、誰でもすぐに始めることができます。夏場の日差しが強い季節だけでなく、冬場の雲の多い天気でも紫外線は降り注ぎ肌を老化させていきますので、外出するときにはこまめに日焼け止めを使うようにしていくといいでしょう。若いときは肌の再生力が高く、あれもこれもとエイジングケアを始めるのではなく自分でにできることを無理なく続けていくようにするといいですよ。横須賀にある美容院